最高峰の斑入りティランジア【デボラ・アン】Tillandsia ‘Deborah Ann’

斑入りティランジア・デボラ・アンのアイキャッチ

こんにちは、チラグラファー・愛好家の【wanchan(わんちゃん)】です。

今回は、世界でも最高峰と称される美しさを持つ特別な“斑入り”ティランジアをご紹介します。

チランジア・デボラアン

種名:ティンジア・デボラ・アン
英名:Tillandsia ‘Deborah Ann’
科・属名:ブロメリア科・ティランジア属
亜属名:ティランジア亜属

BCR登録:あり(115402013-06-22
特記:Tillandsia aff. capitata

デボラ・アンとは?

デボラアン

デボラ・アンは、故・ハリー・ルーサー氏がメキシコ~ガテマラで野生採取したカピタータ類似種(Tillandsia aff. capitata) の実生株から現れた斑入り個体です。

ハリー・ルーサー(Harry Luther):米国フロリダ州マリーセルビー植物園のブロメリアの新種同定を行う最先端施設【BIC(Bromeliad Identification Center)】の所長だった人物。ブロメリア界の最高の頭脳と称された。

はっきりとした縞斑が非常に美しく、日本のみならず海外でも入手が困難。

最高峰の美しさを持つ斑入りティランジアとして、世界中のマニア達を魅了しています。

ちなみに、『デボラ・アン』は生産者の奥さんの名前にちなんで名付けられたそうです。

affとは…類似種/近縁種(affinityの略)
すでに発表されている品種によく似ているが、同定はされていないもの。新種の可能性も残している。

スポンサーリンク

デボラ・アン gallery

tillandsia-deborah-ann

デボラ・アンの花

デボラ・アンはカピタータ同様中央から花序が上がりピンクに色付きながら開花します。

スポンサーリンク

斑を子株に遺伝させるコツ

斑が乗っている部分から子株が出ると、その子株も斑入りになります。斑が少ない親株の場合子株に斑が遺伝子ない場合もあります。そんな時は以下の方法をお試しください。

▼詳しくはこちらで解説

スポンサーリンク

デボラ・アンの相場

斑入りのチランジア

価格は75,000~150,000円と高額

※流通量や株の状態・サイズなどで価格は大きく変動します。

デボラ・アンは世界的に見ても流通量が少なく、手に入れにくい品種です。最近は東南アジアなどでも栽培・増殖されていますがまだまだ希少で高額です。

ただそれに見合った鑑賞価値は十分にある至宝の品種です。

生育が遅く弱いとされる斑入りのティランジアですが、デボラ・アンは通常のカピタータ同様育てやすいので、皆様もぜひ手にしてみてくださいね。

それでは今回はこの辺で。

▼斑入りティランジアまとめました

▼いろんな飾り方まとめました

▼分からない言葉はありませんでしたか?

コメント

コメントを残す