有茎種のチランジア(エアプランツ)は曲げて楽しむ!【曲げ方解説】

チランジアを曲げて楽しむアイキャッチ画像

こんにちは、チラグラファー・愛好家の【wanchan(わんちゃん)】です。

植物には光に向かって伸びていく【光屈性】と呼ばれる性質があります。

【有茎種】と呼ばれる茎を伸ばすタイプのチランジア(ティランジア)は、この性質を利用して好みの葉姿に成長させることができます。

小型種で実際にやってみた

こちらはティランジア アルビダミノールです。

まっすぐ伸びたアルビミノール

まだかなり小さく5cm程。

少し成長したアルビミノール

そしてこちらが半年後の姿。10cmほどに成長し、脇から子株を吹き出しました。

チランジアを曲げて楽しむアイキャッチ画像

そして1年後の姿がこちら。

小さいうちは真っ直ぐでしたが、たったの1年で見事に反り返り、長さは15cmほどに成長しました。アルビダは成長が早いので、短期間でも変化が目に見えて分かりますね。

チランジアの曲げ方

エアプランツの光屈性

曲げ方は簡単。成長点を下にして育てるだけ。こうする事で光を求めて光源のある方向に曲がっていきます。

太陽光でももちろん可能ですが、育成ライトならより思い通りの葉形にコントロールできます。

大型種だと迫力満点

エアープランツ長寿命のアイキャッチ画像

こちらは人気の大型有茎種ティランジア ロゼオスカパ。芸術的ですよね。

途中で株の向きを何度か変えることで、このようにS字を描く事も可能です。

ただし成長が遅い品種の場合はかなり長い年月を要しますので、焦らず気長にやりましょう。

巨大化したティランジアノバキー

そしてこちらも大型有茎種のティランジア ノバキー。回しながら育成する事で、渦巻き型に成長します。

真っ直ぐに伸びた姿も魅力的ですが、カーブした姿も素敵です。

また、有形種以外も仕立て方次第では美しい屈曲を楽しめます。

▼やり方はこちらの記事で解説

皆様もお気に入りのティランジアを曲げて、あなただけの一株に育て上げてみませんか?

それでは今回はこの辺で。

▼エアプランツの基本的な育て方はこちら

▼分からない言葉はありませんでしたか?

コメント

コメントを残す