チランジアの“山採り株” って実際どうなの?【ワイルド株に潜むリスク】

オークションなどで安価で取引されるチランジア/ティランジアの山採り(ワイルド)株。響きのかっこよさや安さからつい飛びついてしまう人が多い野生採取株には、実は危険な落とし穴があるんです。

山採り株のリスク【順化不足の可能性】

低価格で販売されている山採り株にはリスクがあります。それは、株が“順化”していない可能性です。

野生のティランジアは中南米が原産で日本の気候環境とは全く違います。そのため、販売するには日本の環境に2週間〜1ヶ月程度慣らす“順化”と呼ばれる期間を儲ける必要があります。変化に対応できない株はそのまま枯れてしまいます。

業者によっては、この順化期間がほとんど設けられず販売される場合があります。そのせいで「野生株を購入したが2週間で突然枯れてしまった…」という事態が起こる訳です。

ワイルド株は、野生だったからといって決して頑丈な株ではないんです。

山採り株 枯れの実例

※ インスタグラムアカウント @gard.neri 様よりお写真をご提供いただきました

こちらは順化できず枯れたティランジア・カルミネア。

環境変化によるダメージで枯れる株は、蒸れで枯れる時とは逆で外側から枯れる事が多いです。枯れた部分は水を溜めすぎるため、生きた中心部分を残してむしって養生してあげれば、なんとか持ち直せるかもしれません。

そしてこちらが、輸入時に既に蒸れで内部がやられていたティランジア・ガルドネリ・ルピコラ。

こちらが購入時。外からは中が腐っている事は全く分かりませんよね。

ここから1ヶ月で枯れてしまったとの事。

順化された株を買おう

輸入時は、1週間以上真っ暗で風のない箱の中にぎゅうぎゅうに詰められた劣悪環境での輸送になるため、そのダメージで腐ってしまう株も当然出てきます。輸入後の順化期間は輸送ダメージで枯れてしまう株を見極める期間でもありますので、心配な方は順化をしっかり行っている信頼できる販売店を選びましょう。

※国内増殖株の場合このような心配はありません。

育成難種は特に注意

例に挙げたガルドネリー系(ルピコラ・チャペウエンシス・ピアウイエンシス)などの生育難種や、カルミネアカウツキーなどは「購入後すぐに枯れた」といった相談を受ける事が多い品種になります。この辺りは値段も高いので特に注意が必要です。

山採り株は順化期間を経ていても、さらに1ヶ月後に突然体調を崩すリスクがあります。高山性の涼しく乾湿のメリハリある環境に自生しているティランジアにとっては、日本の夏は本当に厳しい気候ですよね。

リスクの高さから実生増殖株より低価格で取引される場合が多いワイルド株ですが、手を出す場合はしっかりリスクを認識しておく必要があります。

乱獲された株かもしれない

ティランジアは自生地での乱獲により野生環境下で絶滅の危機に瀕している種もあります。(野生採取株の全てが違法乱獲されている訳では当然ありません。)

これは買う側(需要がある環境)にも責任があるはずです。最近だと『山採り株は仕入れない』というポリシーの業者さんも多いようです。

消費者として違法性を確かめる術はありませんが、皆様もこのような現実があると言う事だけは知っておいて欲しいです。

最後に

オークションなどで山採り株を検討されている方は、購入後の枯れのリスクや野生採取が引き起こす問題までしっかり理解した上で購入しましょう。

最後に自生地の写真を眺めながらお別れです。

※この記事の自生地写真は全て【エアープランツ天狗堂】さんよりご提供いただきました。

▼分からない言葉はありませんでしたか?

コメント

コメントを残す