チランジア・パレアセアの育て方&増やし方&飾り方【枯れる原因も解説】エアプランツ

こんにちは、チラグラファー・愛好家の【wanchan(わんちゃん)】です。

この記事ではエアプランツ/エアープランツ、チランジア・パレアセアについて解説します。

種名:ティランジア・パレアセア
英名:Tillandsia paleacea
科・属名:ブロメリア科・ティランジア属
亜属名:フィタルリザ亜属

パレアセアの特徴

パレアセアはトゲトゲ葉を展開しながら長く伸びて行く有茎種。葉はモフモフのトリコームが乗り美しい銀葉が楽しめます。

ホームセンターや園芸店などで500円ほどから手に入る普及種で、暑さ寒さ乾燥に強く育てやすい初心者向けの品種でもあります。

コロンビア、ボリビア、チリと広い地域に分布しており、標高~3000mの岩肌や乾燥した地域の樹木、砂漠地帯等に自生しています。

地域差や栽培品種が多く、小さなものから大きなものまでサイズは様々です。

パレアセアは銀葉種

ティランジアは乾燥地帯適に応するために、強い日差しから身を守り、効率的に水分を吸収する「トリコーム」と呼ばれる白い毛のような鱗片を持ちます。このトリコームを多く持つ「銀葉種」と、湿度の高い森林に生息し、トリコームをあまり持たない「緑葉種」に分けられます。

パレアセアは乾燥環境を生き抜くために、発達した長いトリコームを持つ【銀葉種】のティランジアです。

特にこの品種は、全体に非常に濃く長いトリコームを持っているので、乾燥や日差しに強い性質を持ちます。

ただ水やり後、光や風が不十分な環境ではトリコームがハゲて薄くなってしまうので注意が必要です。(水やりなどについて詳しくは「育て方」の項目で解説します。)

基本的に白っぽい(トリコームが濃い)ティランジアは日光や乾燥に強い傾向があります。

スポンサーリンク

パレアセアの花

開花期には細長い花序から紫色の三花弁の花を咲かせます。

スポンサーリンク

パレアセアの育て方

置き場所

室内で管理する場合は、なるべく明るく、風通しの良い窓辺に置きましょう。

※写真はティランジア・ハリシーです

秋から春にかけては直射日光でも問題ありませんが、最高気温が30度を超える季節は葉焼けするので遮光が必要です。ただ日射には強い品種なので遮光は30%程度で問題ありません。

ただ特に室内から外に出す場合は、葉が強い光に慣れていないので徐々に慣らしてあげる必要があります。

▼写真で使用している遮光ネットはこちら

created by Rinker
タカショー(Takasho)
¥1,808 (2024/05/28 16:10:18時点 Amazon調べ-詳細)

冬越し

最低気温が10度以下になったら、室内に取り込みましょう

一般的な冬越し・室内管理の方法こちら

ハゲさせない水やり

パレアセアの水やりには注意が必要です。水をやりすぎたり、暗い環境・風通しが悪い環境で濡れたままになるとトリコームがハゲて鑑賞価値が下がってしまいます。

そのため水やりの頻度も他の品種よりもやや控えめにしましょう。4〜10月の生育期は週1〜2回程度、真冬の休眠期は週1回以上たっぷりと滴るくらい水やりを行い、なるべくすぐに乾かしてください。

ただ、すぐに乾く+LEDライトを使用した明るい環境なら週4〜5回程度水やりを行っても美しい状態を保つ事ができます。

エアプランツに風を当てる

濡れたまま長時間放っておくと、トリコームがハゲるどころかすぐに蒸れて枯れてしまいます。室内で育てる場合は常に風が当たるように窓を開けておくか、サーキュレーターなどを使用しましょう。

長時間水に浸す【ソーキング】は行わない方がいい品種です。

肥料

基本的に肥料は必要ありませんが、パレアセアは肥料を与えることで大きく育てる事もできます。

出来るだけ大きく育てたい、花付きをよくしたいという方は以下の液肥と活力剤を週1回程度与えるといいでしょう。(肥料や活力剤はいつもの水やりでしっかり洗い流してリセットするようにしてください。)

created by Rinker
‎ハイポネックス
¥553 (2024/05/28 13:36:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
BANKSコレクション
¥2,480 (2024/05/28 05:25:20時点 Amazon調べ-詳細)

また暖かい季節は雨に当てるのも効果的です。

大まかな管理方法を画像にまとめてみました。

エアープランツの年間育成カレンダー

※水やり回数はこの表より少なめでOKです。

▼育て方の教科書・図鑑はこちら

created by Rinker
¥1,980 (2024/05/28 06:35:33時点 Amazon調べ-詳細)

ティランジア栽培のバイブルです。まだ持ってない方は、まずはこちらを入手する事をお勧めします。

スポンサーリンク

パレアセアが枯れる原因

パレアセアをはじめとするティランジアが枯れる原因のほとんどは以下の2つです。

水切れによる枯れ

パレアセアは乾燥にはかなり強い品種ですが、『空気中の水分を吸収するから、水やりしなくていい』なんて事はありません。これは朝露が下りる原生地での話なんです。

葉がカラカラになって異様に軽くなり葉がUの字が写真よりも更に以上に閉じてきたり、葉先から茶色く枯れたりしてきたら水切れを疑いましょう。

風通しの悪さによる蒸れ(根腐れ)

『水やりをまめにしているのに枯れてしまう』という方は、風通しの悪さと日照不足が原因の可能性が高いです。

先述したようにティランジアは、風通しが非常に大切。特にパレアセアは湿った環境が苦手なのでしっかり水やりをした後はスピーディに乾かすことが大切です。明るい環境で管理しつつ、水やり後2時間程度で乾くように風通しも意識しましょう。

下葉は自然に枯れてきます。写真のように完全に枯れてしまった葉は水を溜め込みやすいので、むしり取ってしまいましょう。こまめにおしりを綺麗にしてあげることで発根阻害も防げます。

▼そのほかの原因についてはこちらで解説

スポンサーリンク

パレアセアの飾り方

流木/バージンコルク付け

※写真はティランジア・テクトラムです

流木などに着生させると株の調子が良くなるのでおすすめです。

▼やり方はこちら

パレアセアの増やし方

パレアセアは“子株”から増やす

ティランジア・アエラントスの子株

※写真はティランジア・アエラントスです

チランジアは基本的に子株を株分けして増やすのが一般的です。

パレアセアは開花期に入る前から子株を付ける事が多い品種です。この子株は、親株の半分くらいになったら株分けOK(小さすぎると枯れる恐れがあるので注意)。

※写真はティランジア・アエラントスです

また、親株につけたままにしておけば、親から栄養をもらい非常に早いスピードで成長します。

▼株分けの詳しいやり方はこちら

また、外さずにそのままクランプ(群生)にする楽しみ方もあります。

種から増やす

ティランジアのシードポット

受粉させて種を作る方法もありますが、チランジアはほとんどの種で自家受粉(自分のおしべとめしべでの受粉)しにくい性質がある上、実生(みしょう)させて成熟するまでに5年はかかるのでお勧めしません。

それでも実生や交配をやりたい!という方はこちらで解説しています。

最後に

パレアセアは育てるにのに少しコツが要りる品種ですが、比較的育てやすいティランジアなので、色白有茎種がお好きな方はぜひ育ててみてくださいね。

それではこの辺で。

▼エアプランツのいろんな飾り方まとめました

▼基本的な育て方はこちら

▼分からない言葉はありませんでしたか?

コメントを残す